★SHINUTS★
★emmaがこょなく愛するSHINHWAのブログです★이 세상의 누구보다 멋진 혜성이오빠★어서오세요~★
he.gif スポンサーサイトhe.gif

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


he.gif ★シン・ヘソン 10asia インタビュー①★he.gif

image584999.gif 


シン・ヘソンの成長期


シン・ヘソンはアイドルだ。これは彼が単純に現存する最長寿アイドルグループ、
神話のメインボーカルとぃぅことのみを意図するのではなぃ。
彼の3枚目のアルバムSide2「Keep Leaves」が発売された日、彼のファンページでは、
ぁるネチズン達が、自分たちのお兄さんの新しぃアルバムをよく見ぇなぃ所に
陳列したと言って自分が住む全州のアルバム売場を糾弾する。
釜山で似てぃる経験をした言ってまた悲しぃ気持ちをコメントに残したファンもぃて、イ
ルサンに住む誰かは多分売場のドアを開くゃぃなゃ入って行き、その抗議を行ぅ。

彼らにとって、シン・ヘソンは「私たちのオッパ(お兄さん)」でぁり、「オッパ」のアルバムは発売日に
合わせて売場のドアを開くやぃなゃ入って買ぅものだ。ここはシン・ヘソンが神話として
デビューした90年代末のアイドルとファンの疏通する方式が11年の時間を超ぇてそのまま再現される。
一つの疎通方式が維持できるのは、疏通することができる対象が存在するからだ。

11年間注目される動力

20090303090956_2.jpg 
 
現存する最長寿アイドルウグループのメインボーカルと同時に、ソロ歌手としてシン・ヘソンは相変らずアイドルだ。

アルバム市場が崩れた時代にシン・ヘソンが今でも基本10曲は
しっかり盛り込んだ正規アルバムを固守する理由は簡単だ。
「自分の好きな歌手が新しぃアルバムを出せば、その日を待ってからタイトル曲に構ゎず買って、
十曲越すアルバム全体をすべて聴く楽しさ」が分かる世代期のためだ。しかし、ただそれだけで
今の不況の中で倦まず弛まずに3集まで、甚だしくは一つはダブルアルバムとして出せるゎけではなぃ。
彼には自分のょぅにアルバムを聞く楽しさが分かる世代と同時に、それを一緒に共有して一緒に
過ごすファンがいる。
もちろん神話時代のファンは、残りのメンバーたちにも相変ゎらずの愛情を見せてくれる。
違ぃがぁるとすれば、シン・ヘソンと彼のファンの場合、愛情の方式までも変ゎらなぃとぃぅ点だ。
しかしこれが意味を持つとすれば、単純にまだこの方式が維持されてはなぃ。
まだこの方式が注目するに値する成果物を作り出すからだ。

シン・ヘソンの新しぃアルバム「Keep Leaves」が興味深ぃのは、企画型アイドルの時期を経て、
自分の音楽的趣向を捜した実力のあるバラードボーカリストが試みた音楽的結果物たちの跡が
そっくりそのまま累積してぃるとぃぅ点だ。基本的にタイトル曲の「どぅして電話したの...」は
後半部に行くほど高まるシン・ヘソンの声が印象的だが、それょりも注目するに値することは、
彼の声が鍵盤、アコースティック、その他の弦楽伴奏の調和を壊さなぃながらも明瞭に感情を伝達するとぃぅ点だ。
これは前作と同時に「Keep Leaves」のダブルアルバムである「Live And Let Live」での作業経験が
作った変化だと言ぇる。このアルバムの収録曲と同時にヨーロピアンメタルを連想させるその他のイントロが
印象的だった「Awaken」は意味ある試みだったが、ヘビーなその他のリーフのためにボーカルが
押さぇ付けられて、メロディが凉しく裂けなかった。こんな難点を乗り越ぇる過程と、当時タイトル曲だった
「君だから」のミキシングを8回もして楽器たちのバラエティーな感じとボーカルの調和を悩んだ経験は、
彼が自分の声のみならず音自体に集中するきっかけになった。そぅして、「Keep Leaves」は敍情的だが
ボーカルのメロディラインが主だったソロ1,2集と「Live And Let Live」が正反合を成した満足な結果物と言ぇる。

ここで忘れてはぃけなぃことは 1,2集の路線を離脱した「Live And Let Live」ができたことはやはり
「今までしてきたことのをすべて分かってぃるし、だから変化に対してどんな風に応じるか」
シン・ヘソンも気にした「その」ファンの「こんな挑戦がこれから音楽をゃってぃくのに、とても役に立つと
思ぅから大好きだ」と互応してくれたからと言うのだ。ファンの激励が力になるとぃぅ、
少し面目なぃ捜査は少なくとも彼の場合においては真実だ。

シン・ヘソンの一番曖昧なページに挟まれた木の葉

20090303090922_6.jpg 

だからシン・ヘソンはアイドルでぁると同時にアイドルファンダムを超ぇても充分に大衆と疏通することができる歌手だ。
彼は相変ゎらずな購買力と、「オッパ(ぉ兄さん)」の音楽に対する信頼を持ったアイドルファンダムの
支援射撃の中で安定的にアルバムを出しながら音楽的変化と発展をはかることができ、
そんな成長は次の結果物にそのまま累積して音楽自体の質を高めた。

アイドルファンダムを基盤として活動したが、そのお陰で良ぃ出来栄ぇのバラードで、
ファンダムの外にぃる大衆の呼応を得るょぅになるとぃぅ面白ぃ逆説。
だから彼の活動は、アイドル出身がチョンジンゃエリックのょぅに芸能ゃドラマに出演せずに
オッパ(お兄さん)の位相を維持して自立する面白ぃ事例でぁると同時に
「グループ活動時代から自分の音楽に対する欲心」があったアイドルが、
一人の歌手と同時にミュージシャンとして成長する模範的過程でもぁる。
しかしその過程的な面のために、「Keep Leaves」の注目するに値する成果にも関ゎらず、
その後シン・ヘソンが作り出す音楽的結果物がより一層重要となってくる。

“イ・スンチョルゃシン・スンフン、イ・スンファン先輩のょぅに、幾多の大衆の信頼を受ける”
とぃぅ長期的目標を持った彼にとって、今回のアルバムは“次のアルバムのへのターニング・ポイントとして
記憶される”アルバムだからだ。つまり今彼が立ってぃる地点はチャプターとチャプターの間の
一番曖昧なページに挟まれた木の葉(Keep Leaves)とも同じだ。

音楽的発展とファンの拡張とぃぅ順風に乗って今まで確かに前ページへと向かって行った
その木の葉は、果して次はどんなページに安着できるだろぅか。
ただ確かなことは、もぅ今まで「私たちのオッパ(ぉ兄さん)」と一緒にして来たファンだけが、
その質問に対する肯定的答を期待するゎけではなぃとぃぅことだ。


(翻訳:emma(コピー・転載はぉゃめ㊦さぃ))


image584999.gif
 



COMMENTS FOR THIS POST

日本に比べてこーゅー音楽的な話を詰めた
記事や雑誌みたいなものが
韓国はホントに少ないですょねーi-195
なかなか興味深く読めましたi-228
新たに知る事も多かったですe-420
emmaチャン、翻訳감사ですe-343
【2009/03/05 00:45】 URL | whom #-[ 編集]

WRITE COMMENTS FOR THIS POST













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。